ガンプラ、カーモデルなどのジオラマの作り方、簡単に作る格納庫風基地

プラバンで作ったジオラマ格納庫風プラモデルの成形
セリアの品物を使って簡単ジオラマの作り方

ジオラマの簡単な作り方、格納庫みたいな基地

 

こんにちは(^^)/toshibo(トシボー)です。

今回はオリジナルのジオラマを作ってみました。

プラモデルを撮影することも多くなったので、「作ったものを少しでも良く撮りたいな~」と思い格納庫みたいなガレージを制作!

ガンプラでもカーモデルでも使いやすいような感じのデザインにしました(^^♪

コストもなるべく掛からないように100ショップで購入できる物を「できるだけ」使っています。(^^ゞ

プラ板を切って貼ったり、ピンバイスで穴を開け、スジ彫りを掘ったりして作っています、難しい感じのことはやっていません。

とりあえずイメージしたものを作ってみました。

 

材料

セリア商品でDIYジオラマ

セリアの品物を使って簡単ジオラマの作り方

使用した物

1,プラスチックダンボール(50×35cm) セリア
2,プラ板1mm、0.5mm(プラバン:26×18cm) セリア
3,プラスチック用接着剤(ゼリー状) セリア
4,プラ棒(タミヤ・プラストラクト)
5,コルクシート セリア

・プラ棒以外は100ショップのセリアで購入したものです。

プラスチック用接着剤はプラダンとプラ板を接着するためのものです。
プラモデル用接着剤はプラダンとプラ板を接着することはできません。(乾燥したら剥がれてしまいました)

 

塗装用品:装飾品

1,サーフェイサー(缶スプレー:自動車補修用)
2,使用カラー
・缶スプレー「ブラック」「シルバー」「メタリックブラック」
・ビン「シャーマングレイ」「チタンシルバー」「スカイグレー」「アルミシルバー」「ブラック」
3,ガンダムマーカー(レッド)
4,タミヤ墨入れ(ブラック)
1,ガンダムデカール(ダブルオークアンタ用)

 

 

作業工程

作る工程はプラスチックダンボールに細かくカットしたプラ板やプラ棒を貼り付けるだけです。

大きさは(50cm×70cm×70cm)制作しています。

 

1,自分のイメージした形にプラ板をカット!

プラバンを切ったもの

セリアの品物を使って簡単ジオラマの作り方

細かく切るといっぱい同じものを作らないといけないので、なるべく大きめにし鉄プレートをイメージしてみました。

 

2,プラスチックダンボールに貼り付け!

プラバンで作ったジオラマ

セリアの品物を使って簡単ジオラマの作り方

プラダンとプラ板、同じプラスチックなのでプラモデル用接着剤を使って接着しましたが、乾燥したら剥がれてしまいました。

なので、プラスチック用接着剤で固定していきます。

使用ボンド:GPクリアー(ゼリー状タイプ)

セリア、ゼリー状ボンド

セリアの品物を使って簡単ジオラマの作り方

速乾性ということもあって付けている最中にゼリー状になるのが早く感じます。フタを開けたままにしておくと弾力が強くなってしまうので使い終わったら閉めておいた方がいいです。

 

3,土台の完成

この時点で完成でもいいですが、もっと情報量を増やしたいときはプラ板を重ねます。

プラバンで作ったジオラマ

セリアの品物を使って簡単ジオラマの作り方

 

スジ彫りを入れてもいいですね。

プラバンで作ったジオラマ

セリアの品物を使って簡単ジオラマの作り方

 

私はピンバイスなどで穴を開けデコボコ感を多くしそれっぽくしてみました。

プラバンで作ったジオラマ

セリアの品物を使って簡単ジオラマの作り方

やっていることは切って貼ったり、穴を開けたり重ねているだけですが、こんな感じにできました(^^)/

 

ガレージということでコルクシートを使ってアスファルトを作る

プラバンで作ったジオラマ

セリアの品物を使って簡単ジオラマの作り方

アスファルトを再現するのにコルクシートがいいみたいなことをどっかで聞いたので試してみました。

表面が細かくザラついているので見た目はいい感じかと思います。

 

4、形の完成!

プラバンで作ったジオラマ

セリアの品物を使って簡単ジオラマの作り方

とりあえず3面を作ってみました。

プラバンで作ったジオラマ

セリアの品物を使って簡単ジオラマの作り方

 

プラバンで作ったジオラマ

セリアの品物を使って簡単ジオラマの作り方

ここまでの形だけで掛かった金額は合計1800円。(塗装無し)

プラダンとプラ板は100円ショップでプラ棒はタミヤとプラストラクトを使っています。

ここから缶スプレーを使って塗装していきたいと思います。

 

5,塗装

サーフェイサーを吹いて形をチェック!

サーフェイサーを吹くことで段差やキズが見やすくなります。

今回、プラモデル用のサフで吹いたのですが、あまりにもムラになってしまったので自動車用のサーフェイサーを使いました。

プラモデル用のサーフェイサーより噴射幅が広いのでキレイに吹きやすいです。

 

ドライブラシ

鉄の感じを出したく3色のカラーで塗り重ねてみました。

使用カラー
・ブラック
・スカイグレー
・アルミシルバー

はじめての挑戦、うまくできているかわかりませんが自分的には良くできたような感じ(^^ゞ

プラバンで作ったジオラマ

セリアの品物を使って簡単ジオラマの作り方

 

カラーの塗装

部分的にメタリックブラックを入れ、メリハリを出してみました。

プラバンで作ったジオラマ格納庫風

セリアの品物を使って簡単ジオラマの作り方

 

ブラックを缶スプレーで塗装後、ステンシルシートを自作し文字をいれています。

方眼紙でステンシルシートを作ったのですが、紙なのでペラペラしてしまいボケた感じになってしまいました(^^ゞ

プラバンで作ったジオラマ格納庫風

セリアの品物を使って簡単ジオラマの作り方

ステンシルシートを作る時は画用紙やクリアファイルなどがおすすめです。

 

ステンシルシートとは?

文字やマークの形がくり抜かれたシートです。

ステンシルシート
・塗装物にステンシルシートを重ね上から缶スプレーなどで塗装すると、くり抜かれた文字が塗装物に文字として塗装できるものです。

 

 

ここでガンダムデカールを貼り少しでもいい感じにしていこうと思います。

プラバンで作ったジオラマ格納庫風

セリアの品物を使って簡単ジオラマの作り方

余ったダブルオークアンタのデカールを使用

他にも余った別のデカールも各部に貼っています。

 

6,完成!

プラバンで作ったジオラマ格納庫風

セリアの品物を使って簡単ジオラマの作り方

格納庫風に作るのは初めてでしたがなんとかできました♪

プラバンで作ったジオラマ格納庫風

セリアの品物を使って簡単ジオラマの作り方

ベースカラーをサーフェイサーで塗装し、ドライブラシで汚し塗装。

 

アスファルトの再現でコルクシートを使ってみましたがいい感じにできたかと思います。

カラーはシャーマングレイを塗装。筆塗り塗装しましたが缶スプレーで行えばキレイにできるかと思います。

プラバンで作ったジオラマ格納庫風

セリアの品物を使って簡単ジオラマの作り方

ただ、塗装後にコルクシートが縮んでしまったので塗装してから貼り付けた方がいいです(^^)/

 

各部の細かい塗装は筆塗りで適当に塗りましたが逆に古びた感じになっていいかもしれません(^^ゞ

プラバンで作ったジオラマ格納庫風

セリアの品物を使って簡単ジオラマの作り方

いろいろと変な所はありますが、自分なりに完成できてよかったです♪

プラバンで作ったジオラマ格納庫風

セリアの品物を使って簡単ジオラマの作り方

 

3面分作りましたが、それぞれつながっていないので撮影した後はバラバラになりコンパクトになります。
撮影するときはマスキングテープで裏を固定しています。

 

プラバンで作ったジオラマ格納庫風

セリアの品物を使って簡単ジオラマの作り方

 

☆撮影☆
プラバンで作ったジオラマ格納庫風

セリアの品物を使って簡単ジオラマの作り方

素組のプラモデルでもいい感じに撮影できました♪♪

 

完成したカーモデルでも♪(塗装品)

プラバンで作ったジオラマ格納庫風

セリアの品物を使って簡単ジオラマの作り方

フッと思いましたが間になんかほしい感じに(^^ゞ

プラバンで作ったジオラマ格納庫風

セリアの品物を使って簡単ジオラマの作り方

また、小物でも作って少しずつ手を加えていこうかなと思います。

 

ここまでにかかった金額

・形だけで1800円
・塗装4000円
合計5800円!
今回、私は余った缶スプレーやカラービンを使っていたので塗装㈹は掛かっていません(^^ゞ
皆さんもお持ちの塗料で作れば2000円以内でできるかと思います。

 

セリアのプラ板を使ってみた感じは

少し柔らかめな感じで、タミヤのプラ板より白いものでした。
(同じ厚さで比較:1mm使用)
タミヤのプラ板は薄っすら透き通ったような白だったんですね(^^ゞ

 

 

1/24 アリストのカスタム パテを使ったエアロの作り方 
アオシマ教材:アリストのプラモデルをエポキシパテとプラ板を使って、エアロを作ります。必要な道具だったり、作業工程を紹介しています。
プラモデルのランナーを再利用する。組み換えや改造!
プラモデルのランナーを使って、可動軸を作ったりジョイントやデザインの変更いろいろ改造することができます。デザインを変えるやり方でしたら初心者の方でも簡単にできますので試してみてください。

 

まとめ

1,100ショップの物で簡単制作できる!(形だけ(^^ゞ)
2,コストも低め!
3,ほとんどが切って貼るだけでできる!
1,プラスチックダンボールが接着剤で沿ってしまう(時間が経つともとに戻った)
2,プラスチックダンボールが均等の大きさではない

 

今回は「オリジナルのジオラマ作り」でした。

少し前ですが、セリアでプラ板が販売されたのを知って、使ってみたいなという思いとプラモデルをカッコよく撮りたいという思いがあり、ジオラマを作ろうという感じになりました。

ジオラマを作るのは小学校以来!模型クラブに入っていた時に作っていました。その時は紙粘土でいろいろ作っていましたが、今回はプラ板で制作!

プラスチックダンボールにプラ板を貼るだけなので簡単にできます。

あとは穴を開けてみたりスジ彫りを入れてみたりと簡単な作業しかしていません(^^ゞ

細長い形を切るのがめんどくさかったので、今回はタミヤやプラストラクトのプラ棒を使っていますが、プラ板から切れだしても作れるのでコストはもっと安くできます。

ベースカラーは自動車用のサーフェイサーを使っています。噴射幅が広いのでとても吹きやすい。

さらに見た目をリアルにしたくてドライブラシに挑戦してみました。

はじめてだったのでいろいろ試しながらでしたが、自分ではいいかなと思える感じにできました(^^)/

大きさもカーモデルだけでしたら小さくてもよかったのですが、ガンプラも撮りたかったのでかなり大きめに作っています。(50cm×70cm×70cm)

できるだけコストを抑えて作ろうと思ったのですが、やはり大きくなるとやりづらい部分もありちょっと大変です(^^ゞ

今では100ショップでも、いろいろなジオラマ素材が販売されているので、うまく使えば幅広くいろいろ楽しめると思います。

背景があるだけでもかなりちがいますよ~

と言うワケで久しぶりのジオラマ制作、ドライブラシやステンシルシートなどいろいろと初挑戦のことがあり、いい経験ができたかと思います。失敗しても塗り重ねてしまえばいいですし、その失敗がいい感じになってきます。

塗装練習にもいいかもしれません!

ぜひ、試してみてください(^^)/

ここまで見て頂きありがとうございましたm(_ _)m

何か参考になったことが少しでもあれば幸いです。

プラガレージ:toshibo

 

コメント