プラバンの切り方のコツ、簡単でキレイにカットするやり方

プラバンの切り方と道具プラモデルの成形
プラバンの切り方
スポンサーリンク

プラバンの簡単な切り方

 

こんにちは(^^)/toshibo(トシボー)です。

今回はプラバンの切り方をやりたいと思います。

意外に切り方を自分のオリジナルで切っている方がいるのかなと思い書いてみました。

道具によっても切った面にかなり違いが出てしまい制作の時間が変わってきます。

簡単な切り方で作業をスムーズに!

 

必要な道具

1,カッターorデザインナイフ
2,コンパスカッター
3,鉄製の定規
4,30cmぐらいの定規(こちらはプラスチックでもOK)
5,T字型定規
6,シャープペン
7,プラモデル用ノコギリ

 

プラバンの切り方

1,最初は大きいので使いやすいように小さくカットします。

プラ板のカットやり方

プラ板を使った改造

まず、プラバンには表面と裏面があり、表面はツルツルしていて裏面はサラサラした感じになっています。

裏面を使ってシャーペンでラインを引き、好きな大きさにカットします。

 

大きな定規でラインを引いて、カッターやデザインナイフで切り込みを入れます。(カッターやデザインナイフは切れる状態の新しい刃に)

この時、プラスチック定規を使っている場合は定規を逆にしてください。鉄製の定規であれば逆にしなくても大丈夫です。

プラバンの切り方、細かく切る方法

プラバンの切り方、細かく切る方法

プラスチック定規ですと測る方を使って、間違って定規に傷が入ってしまい使い物にならなくなってしまいますので逆にします。赤い矢印の部分に切り込みを入れます。

 

切り込み目安はプラバンの厚さによって違います。

薄ければ2~3回でカットできますが、1mmくらいになると3~4回ぐらい切り込みを入れないと折りづらいです。

 

2,折り方

切れ目を入れたら折って分割します。手でもいいですが折りづらい場合は台を利用して折っていきます。
(1mm以上のプラバン)

プラ板のカット方法

プラ板を使った改造

切り込みを入れた部分をテーブルや台の角に合わせて置き(赤い矢印)、青いマルの部分を全体的に押します。(緑の部分も手で押さえます)

そうするとキレイで簡単に折ることができます。

あとは必要な大きさまで同じ切り方を行います。プラバンが小さくなれば、手で折っても構いません。

 

好きな形にカットするときも、カッターなどのナイフで切れ目を入れて、折るといったやり方でカットします。

カッターやデザインナイフ以外の刃の厚い刃物でカットしてしまうと切った切り込み部分が太くなって、整える必要が出てしまい時間がかかります。

 

例えばPカッターなどがおすすめできません、Pカッターの刃が厚いので切れ目を入れた部分が太くなってしまい折った部分が段差になってしまうからです。

プラバンの切り方、切った断面図

プラバンの切り方、切った断面図

上記画像:プラバンの断面図

切り口が道具によって違いが出ます。

カッターやデザインナイフは刃先が薄いので三角形のように切り込みが入りますがPカッターの場合は、刃が厚いので切り込み幅が太くなってしまいます。

切れ目を入れた2つを折ってみると赤い線のところから折れますので下記画像のようになります。

プラバンの切り方、切った断面図

プラバンの切り方、切った断面図

カッターやデザインナイフはほとんど垂直にカットできますが、Pカッターは段差になってしまいます。

段差ができてしまうとヤスリで整える必要があります。

 

・カッターorデザインナイフ
段差が全然できないというワケではないですが、ほとんどキレイにカットできるので断面を整えるにあたっても簡単です(^-^)
・Pカッター
刃に厚みがある分、切り込みの幅が太いので段差が大きくなってしまい、整える作業に時間がかかってしまいます。

刃物が薄ければ薄いほどキレイにカットできるということになります。

なので!カッターやデザインナイフがおすすめです(^^ゞ

 

簡単にキレイで正確に切る

T字定規を使ったプラバンの切り方

T字定規を使ったプラバンの切り方

こちらはwaveから出ている「HGステンレスT定規」というものです。

T字になっているのでプラ板に合わせて固定しやすく、正確なライン引きやカットができます。

こういった道具を使うことで時短ができ作業性をアップできます。

詳しく「HGステンレス定規」を知りたい方はこちらをどうぞ👇

HGステンレスT定規、プラモデル制作や改造におすすめの使い方
プラモデル制作や改造に便利なツール「HGステンレスT定規」のレビューです。簡単に初心者でもキレイにラインを引いたり、カットしたりできる、ステンレス製のT字型の定規です。

 

できるだけ簡単に切るやり方

プラバンをどういう風に使ってもいいですが、カットする面を少なくすれば手間がはぶけます。

簡単なプラバンの切り方

カット面を少なくするプラバンの切り方

上記写真左側みたいに作ってしまうと、切る部分が多くなってしまいます。(赤い矢印:切る部分が6か所

写真右側のように必要な大きさにして、必要な形をプラ板の角に合わせることで切る回数が減り簡単になります。(緑の矢印:3か所)

 

切りづらい部分のやり方

①のように切って分割し

プラバンの切り方

プラバンの切り方

 

次に赤い矢印のように切り込みを入れます。この場合切り込みは少し多めに入れます。

プラバンの切り方

プラバンの切り方、刃の入れ方

赤い矢印逆方向に入れてしまうと、切る部分を超えてしまったりしてしまうので注意が必要です。

 

L字型のパーツはカットしづらいので、切れ目を入れたら爪で押します。

プラバンの切り方

切り込みを押す

切り込んだ部分を爪で上から押し下から押してくねくねと折り繰り返すと切り込みに亀裂ができ、片面を割ることができます。

片面を割ったら残りの切れ目を普通に折ります。

 

プラバンの切り方

プラバンの切り方、プラモ用ノコギリ

やりづらいのであれば、切り込みを入れた状態でノコギリでカットするのもいいです。

 

細くカットする

切る部分が指で持てるのであれば問題なくカットできますが、指で持ちづらいほど細いときはなかなか大変です。

こんな時はピンセットがおすすめ!

プラバンの切り方

細い部分のプラバンの切り方

プラパーツが分かりやすく大きい物でやっていますが(^^ゞ

プラバンにカッターで切れ目を入れてピンセットに挟んむ

プラバンの切り方

プラバンの切り方、ピンセット

切り取り線をピンセットの横に合わせて、ピンセットをギュッと持ちます。

 

あとは折るだけ!

プラバンの切り方

プラバンの切り方、ピンセット

簡単に身近な物で折ることができます。

プラバンの切り方

プラバンの切り方、ピンセット

 

丸くカットするやり方

薄いプラバンで小さい丸を作る

ニッパーを使ったプラバンの切り方

ニッパーを使ったプラバンの切り方

コンパスなどで円を描き、ニッパーで円に合わせてカットしていきます。

コンパスを使うと中心にキズが付いてしまうので、もしキズを付けたくなければ円を書く定規がありますのでそちらを使ってください。

 

ヤスリがけ

プラバンの切り方、やすりがけ

プラバンの切り方、やすりがけ

次に①のようにヤスリで削ります。円をなでるように削っていきます。

②のように削ってしまうと形が丸くならないのでやらないでください。

 

少し大きいめの丸を作る

こちらはコンパスカッターを使います。これも本来は切ることに使いますがプラ板をカットするには切る刃とは逆に刃の裏を使って回転させて切り込みを入れていきます。

プラバンの切り方、道具

プラバンの切り方、コンパスカッター

刃は右向き左向きに付け替えができるので、ご自分で使いやすい方向に刃を付けてできます。

右利きの方、左利きの方、どちらでも使いやすいと思います♪

 

1mmプラバンを円状に切り抜いていきます。

プラバンの切り方、コンパスカッター

プラバンの切り方、コンパスカッター

マットに置いて削る
プラバンをマットに置いてコンパスカッターを回すのではなく、プラバンを回転させた方が簡単です。
手で持って削る
こちらはプラバンに円を描いていくように削っていく。どちらかと言えばこちらの方が私的にやりやすかったです。
マットに置いて削るやり方で、回転台などをお持ちであれば台に両面テープでプラバンを固定し、回転台を回した削り方の方がより簡単です(^-^)

 

こんな感じに切れます(^^ゞ

プラバンの切り方、コンパスカッター

プラバンの切り方、コンパスカッター

 

プラバンの切り方、コンパスカッター

プラバンの切り方、コンパスカッター

コンパスカッターでは、最低9mmの円が限界でした(^^ゞ

小さい円はニッパーの方が簡単です。

 

HG ディテールパンチ簡単にプラバンをカット!ガンプラディテールも簡単!
ウェーブ、HGディテールパンチのレビューです。型番HT-467「秒でできるディテールアップパーツ」押すだけで簡単!使い方も簡単で連続で作成できる道具です。打ち抜いたパーツは様々な部分に使えて改造の幅を広げてくれて、時短にもなる一品でした。
エアブラシ塗装に必要な物、エアブラシ塗装をするうえで最低限あると良いもの
プラモデルのエアブラシ塗装に最低限!必要なモノをすべて紹介しています。一つ一つの物を簡単に説明しながらの内容や使ってみた感じを掲載しています。使いやすいモノも紹介していますので簡単に塗装できます。
プラバンを簡単にカットできるカッティングマットの作り方
プラモデルの改造にプラバンを簡単に切ることができるカッティングマットの作り方を紹介しています。プラバンに線を引かなくても、測りながらプラバンをカットできる道具です。ズレもなくキレイにカットできるので初心者の方にもおすすめです。
プラバンの切りのこりをパテに!ランナーでもできる接着用パテ!
余ったプラバンをパテにして使うやり方です。キズ消しや合わせ目消しなど接着もできるパテです。プラバンが無くてもプラモデルランナーでもできるので簡単でコストが掛かりません。

 



 

まとめ

1,カッターやデザインナイフで簡単キレイにカットできる!
2,円にカットするにはコンパスカッターおすすめです!
3,小さな円はニッパーが簡単!
4,カット面をできるだけ少なくする方が簡単!
1,複雑な形は切るのが大変(>_<)

 

今回はプラバンの切り方でした。

私も最初はPカッターで切っていました。これでも切れるので間違いではないですが、カット面がかなりの段差になってしまいます。

こうなると面を整えることが必要になり、時間がかかってしまいます。

デザインナイフを使った切り方に変えてからは面を整える作業がなくなったので、ラクになりました(^^♪

100%のキレイなカットをするには、ノコギリで切るようなことをしなければなりません。そうなると切りくずが大量に出たり、動作的にも少し大変です。

カッターやデザインナイフで簡単に100%に近いキレイなカットができます(^^♪

スムーズに作っていけることは楽しくできる事にもつながります(*’▽’)

はじめてプラバンをお使いになる方はぜひ試してみてください。

 

ここまで見て頂きありがとうございましたm(_ _)m

一つでも参考になったことがあれば幸いです。

プラガレージ:toshibo


 

 

 

 

コメント