プラモデル塗装に必要な道具、最低限に必要な物、基本塗装

プラモデル塗装に必要な道具プラモデルの塗装
プラモデル塗装に必要な道具

プラモデル塗装に必要な道具

 

こんにちは(^^)/toshiboです

今回は、「プラモデル塗装に必要な道具」を紹介したいと思います。

エアブラシだと最初はかなりお金がかかってしまうので簡単にできる缶スプレーで行います。

これからエアブラシを始めるにしても缶スプレーでの塗装は練習になると思います。

では、基本作業に必要な道具の紹介です。

基本的に簡単な流れをこのページで紹介をしています、より詳しく知りたい方は各項目の
「➣さらに詳しく」を見てください。

 

必要な道具

タミヤ・クレオスの缶スプレー

タミヤ・クレオスの缶スプレー

11種類の道具

1、サーフェイサー(1200) 700円
2、カラースプレー 600円
3、クリアースプレー(光沢・つや消し) 700円
4、中性洗剤 100円
5、耐水ペーパー(1000番・1500番・2000番) 各100円
6、スポンジやすり(1000番) 100~350円
7、コンパウンド 300円
8、磨き用クロス 1000円
9、マスキングテープ 250~350円
10、両面テープ 100円
11、ペットボトル
12,歯ブラシ(使い終わった物)

プラモデルの塗装には基本11種類の道具が必要です。

6、スポンジやすりは無くても構いませんが、簡単に作業しやすくするにはあった方がいいです。

 

塗装作業を行うための道具の使い方

1、パーツの下地作り

使用道具:耐水ペーパー1000番、もしくはスポンジやすり600~1000番

 

耐水ペーパー:1000番

耐水ペーパー、紙やすり

耐水ペーパー、紙やすり

 

スポンジやすり

3M・スポンジやすり

3M・スポンジやすり

 

プラの表面、塗装する部分にキズを付けます。

プラモデルの下地作り

プラモデルの下地作り、やすりがけ

プラ表面はツルツルしていますので、やすりがけをやらないで塗装してしまうと、塗料が剥がれやすくなります。

簡単に行うにはスポンジやすりがおすすめです(^^♪

 

2、中性洗剤で水洗い

使用道具:中性洗剤(食器洗剤)
花王・食器用洗剤(中性洗剤)

花王・食器用洗剤(中性洗剤)

ここは簡単です。

歯ブラシなどに中性洗剤を2~3滴たらし、パーツを洗います。

歯ブラシの後、指で表面を洗います。こうすることでパーツも洗えるし手も洗えるので、もし洗った後のパーツを触ってしまっても油が付かないので安心です。
(パーツを洗った後はできるだけ塗装する面を触らない方がいいです)

➣さらに詳しく「脱脂のやり方・おすすめ方法おすすめ方法」

 

3、サーフェイサーの塗装

使用道具:サーフェイサー1200・両面テープ・ペットボトル

ペットボトルなどのキャップ先端に両面テープを付けてパーツを取り付けます。

ペットボトルに1/3ぐらい水を入れておくと重さで安定して置くことができます。

ペットボトルでなくても竹串など別の物でも構いません。

クレオス・サーフェイサー

クレオス・サーフェイサー

缶スプレーをよく振ってカラカラする状態で塗装していきます。

明るいカラーを塗装する場合は、ホワイト・グレーサーフェイサー
暗い色やシルバーなどはブラックサーフェイサーを使用します。

 

4、カラー塗装

使用道具:カラースプレー

 

タミヤ・クレオスの缶スプレー

タミヤ・クレオスのカラースプレー

サーフェイサー同様にカラカラ鳴る状態までよく振り、塗装します。

1回で終わらせるのではなく、薄く2~3回に分けて吹きます。

➣さらに詳しく「缶スプレーの使い方」

 

4、塗り分ける時はマスキング

使用道具:マスキングテープ

塗りたくない部分にはマスキングテープ

タミヤ・カモ井のマスキングテープ

タミヤ・カモ井のマスキングテープ

カーモデルですとツートンカラーにするときやストライプなどの部分塗装でしたり、クリアを塗ったあとに窓フチを黒く塗装すくために貼ったりします。

➣さらに詳しく「マスキングのコツ、プラモデルのマスキングのやり方」

 

5、クリア塗装

使用道具:クリアースプレー(光沢・つや消し)

こちらもカラー同様のやり方で塗装します。

クレオスのクリアースプレー

クレオス・クリアースプレー3種

クリアー(光沢)は3~4重ねて吹きます。研ぎ出しをするため多く吹きます。

クリアー(つや消し)(半光沢)は研ぎ出しはやらないので2~3回でOKです。

➣さらに詳しく「プラモデルの塗装のやり方」

 

6、研ぎ出し

使用道具:耐水ペーパー1500・2000番

最初は1500番のペーパーを使い、次に2000番で仕上げます。

耐水ペーパー、紙やすり

耐水ペーパー、紙やすり

耐水ペーパーを水に浸し、水を付けながらパーツを磨いていきます。

力を入れずに面を磨いていきます。

タオルなどで水を拭いた時、表面のツヤが無くなっていればOKです。

注意:角の部分はなるべく磨かないようにします。角部分は塗料が薄いので気お付けてください!

➣さらに詳しく「プラモデルのツヤ出し方法・磨き方・基本作業」

 

7、コンパウンド

使用道具:タミヤコンパウンド
磨き用クロスにコンパウンドを付けて、縦向き横向き一方方向に磨いていきます。
タミヤ・クロス、コンパウンド

タミヤ・クロス、コンパウンド細目

注意:磨くとき円を描くようにしたり、強く押し付けて磨いたりしないでください。

➣さらに詳しく「プラモデルのツヤ出し方法・磨き方・基本作業」

 

 

プラモデル用のパテ、改造や修復にも!タミヤ光硬化パテ 簡単に使えるパテの使い方
プラモデルの改造や修復、2分で固まる光硬化パテの使い方を紹介しています。キズやヘコミ・ピンホール・成形不良などを簡単に直すことができるパテです。ちょっとした改造にも手軽に行えます。
ワークステーションPRO(プロ)プラモデルなどの折りたたみ作業台
持ち運びができる作業用のツール、「ワークステーションプロ」。普通の組み立てから細かい作業を1台で行える道具。バッテリー内蔵でライトもつきルーペで大きく見える。他にも多彩な機能!

 

まとめ

1、最初はコストが掛かりますが、長く使える物もあるので便利です。
2、最近はプラモデルの人気が上がっているので、近くのお店で道具も入手しやすい。

 

今回は、「プラモデル塗装に必要な道具」の紹介でした。

塗装するための最低限に必要な道具です。

さらによく作りたいのであれば他にもいろいろな道具があります(^^♪

磨くためのペーパーだったり、コンパウンドやワックスなどきりがありません(;’∀’)

なので、なるべくコスト最小限での紹介でした。

私も最初はこれでやっていましたのでできます!、いろいろな物を作るたびに他の道具を試してみるのもいいかと思います。

そうすることで新しい発見やスキルもアップもできますし、もっと楽しくなると思います。

ぜひ、試してみてください。

 

ここまで、見て頂きありがとうございましたm(_ _)m

ほんのちょっとでも参考になることがあれば幸いです。

プラガレージ:toshibo

 

コメント