プラモデル塗装の下地の違いによるカラー色の変化、うまく使えば見た目も変わる

下地の塗装、サーフェイサーでカラーの違いプラモデルの塗装
下地の塗装、サーフェイサーでカラーの違い

下地のカラーでメインカラーが変わる

 

こんにちは(^^)/toshibo(トシボー)です。

今回は「サーフェイサーの違いで、塗り重ねたカラーの色が変わる」ということをやったみたいと思います。

明るいカラーでしたら、ホワイトやグレーのサーフェイサーを使いますがここでも違いができてしまいます。

暗い色はあまりさゆうされませんが、明るい色になるとたとえ下地がホワイトとグレーの違いでもぜんぜん違ってきます。

なので、いろいろ試してみようと思います。

逆に使ってみれば調色をしなくてもカラーの違いを演出できるのでは(^^)/

 

下地塗装で変わるカラーの明るさ

まずは、いろいろなカラーで試してみましょう。

基本となる下地のカラーは左からホワイトサーフェイサー、グレーサーフェイサー、ブラックサーフェイサーの3色を塗装したものを使っています。(塗装はスプレー缶を使用)

下地の塗装、サーフェイサー

下地の塗装、サーフェイサー3種

プラ板に塗装しています。

 

カラーを塗装

ホワイト

下地の塗装、サーフェイサーでカラーの違い、ホワイト

下地の塗装、サーフェイサーでカラーの違い

使用カラー:タミヤTS-26「ピュアホワイト」

白は明るいカラーなので透けてしまい下地の色が見えています。

だんだんと濃いグレーに見えるのが分かりやすいです。

隠蔽力(いんぺいりょく)が低い塗料だと下地のカラーをうけやすい。

 

レッド

下地の塗装、サーフェイサーでカラーの違い、レッド

下地の塗装、サーフェイサーでカラーの違い

使用カラー:タミヤTS-8「イタリアンレッド」

こちらも明るいカラーなので違いが分かりやすいですね。

レッドがだんだんとワインレッドのように見えています。

 

ブルー

下地の塗装、サーフェイサーでカラーの違い、ブルー

下地の塗装、サーフェイサーでカラーの違い

使用カラー:タミヤTS-15「ブルー」

ブルーは隠蔽力が高い方でした。

良く見ないと違いが分かりづらい感じです。微妙な差ですね。

 

イエロー

下地の塗装、サーフェイサーでカラーの違い、イエロー

下地の塗装、サーフェイサーでカラーの違い

使用カラー:タミヤTS-47「クロームイエロー」

ちょっと塗り過ぎてしまいましたが(^^ゞ

イエローも明るいカラーなので分かりやすいです。

 

シルバー

下地の塗装、サーフェイサーでカラーの違い、シルバー

下地の塗装、サーフェイサーでカラーの違い

使用カラー:タミヤTS-76「マイカシルバー」

今回シルバーは明るめのカラーを使っています、そこそこ隠蔽力のあるカラーですね。

角度によっては同じに見えますが、別角度から見るとやはり違いが出ています。(下記参照)

下地の塗装、サーフェイサーでカラーの違い、シルバー

下地の塗装、サーフェイサーでカラーの違い

 

とりあえず5色のカラーを塗ってみましたが、大体のカラーに違いが出ました。(重ねたカラーは1度塗りです)

違いが出るということは隠蔽力(いんぺいりょく)が低いということで、塗料の濃さがうすいということになります。

塗料がうすいと塗った時にムラになりやすいのもあり、塗装するのに難しいところでもあります。

逆の隠蔽力が高い塗料は1度塗りでも下地を隠すことができますので、ムラなどが出づらくキレイに塗りやすいです。初心者の方にはおすすめです。

 

逆に下地を変えての塗装

上記で下地の違いでカラーが変わるのが分かりました。

では、逆に下地を変えるやり方で塗装してみようと思います。

明るい部分にはホワイトサーフェイサー、暗い部分にはブラックのサーフェイサー

 

サーフェイサー
下地の塗装、サーフェイサーでカラーの違い

下地の塗装、サーフェイサーでカラーの違い

違いを分かりやすく、サーフェイサーをホワイトとブラックで塗装しています。

 

カラー塗装

今回はタミヤのイタリアンレッドで塗装してみました。

下地の塗装、サーフェイサーでカラーの違い

下地の塗装、サーフェイサーでカラーの違い

明るいカラーだと違いが分かりやすく、別カラーで塗装したかのようになりました。

別カラーがない時や調色しなくても簡単に違う色を塗ることができました(^^♪

下地の塗装、サーフェイサーでカラーの違い

下地の塗装、サーフェイサーでカラーの違い

同じレッドカラーでも明るい色と暗い色を購入するにしても、ほとんど販売されてない可能性もあります。

販売されていないから調色しようとしても少し大変な感じ、もし足りなくなってしまったら同じ色を作るのは難しい部分もあります。

なので、うまく使えば簡単に塗り分けができるのではないでしょうか(^^ゞ

 

クリアカラーで塗装

普通のカラーで変わるのが分かったのでクリアカラーでも試してみました。

使用カラー:クレオス・クリアレッド

下地の塗装、サーフェイサーでカラーの違い

下地の塗装、サーフェイサーでカラーの違い

クリアなので違いが出ると思いますが、とりあえずやってみました。

①レッド(上記写真:上)
②クリアレッド(上記写真:下)

ホワイトサーフェイサー部分は鮮やかな赤になると思いましたがワインレッドのようになってしまいました。

以外にも暗めのカラーですね。

ブラックサーフェイサーの部分もほぼ黒、よく見ると赤い感じ。

クリアカラーにも寄るのでしょうが、クリアレッドはダークな感じになりました。

 

プラバンの切り出し、曲線の切り方,曲がった形も簡単に切れる
プラバンの曲線の切り方を紹介しています。くねくねした曲線も簡単になぞるだけで切ることができます。いろいろなものを使って簡単にカット、複雑な物は切り出しがおすすめ!
プラモデルのメッキの落とし方、簡単に落とせるメッキとクリアコートのあるメッキ
プラモデルのメッキの落とし方を簡単にレビューしています。クリアがあるのとないのとで落とし方が違いますので、やり方を紹介しています。工程としては簡単な作業ですので難しくありません。
SDガンダム 武者江須の改造 雷神の江須 可変ギミック!
SDガンダム武者江須の改造、クロスシルエット風にリメイクした作品の紹介です。本来無かった変形を取り入れてみました。軽装から着装そして変形のできるプラモデル改造作品です。

 

まとめ

1,サーフェイサーでカラーが変わる
2,調色しなくても色替えができる!
3,コストも抑えられる!
4,うまく使えばいろいろと表現できる

 

1,隠蔽力が高いと効果がない

 

今回は「プラモデル塗装の下地でカラーが変わる」をやってみました。

サーフェイサーの違いでもかなり変わってきました。

下地が明るければ明るく、下地が暗ければ暗めにカラーが出ます。

同じカラーでも変わってきます。

鮮やかに再現されたいのであれば明るい下地に、少し深みを出すのであれば暗い下地に

使いたいイメージで変えてみるのがいいと思います。

メーカーのカラーにも、いろいろと色の濃さに違いがありますが、隠蔽力(いんぺいりょく)が低いものを選ぶのが良いかと思います。

隠蔽力が低い高いと言ってもなかなか分かりづらい部分もありますが(^^ゞ

ツヤありカラーやクリア系のカラーを使うのがいいと思います。

試しに塗ってみるのが一番いいですけど(^^ゞ

 

調色をしなくても、別カラーを買わなくても簡単にカラーに違いを出す塗り方・下地の違いでカラーが変わるでした。

ぜひ、機会があればやってみてください♪

ここまで見て頂きありがとうございましたm(_ _)m

何かの参考になれば幸いです。

プラガレージ:toshibo

 

コメント