アオシマ「アヴェンタドール」プラモデルスポーツカー、THESNAPKIT楽プラ

アオシマ:ザ・スナップキット楽プラ、ランボルギーニアヴェンタドールカーモデルキット
楽プラ:ランボルギーニアヴェンタドールS
スポンサーリンク

無塗装でもできるカーモデル「楽プラ1/32ランボルギーニアヴェンタドールS」

 

こんにちは(^^)/toshibo(トシボー)です。

今回は、楽プラ「THE☆SNAPKIT:ランボルギーニアヴェンタドール」です。

特長
・初心者の方でも簡単にできるタイプのカーモデルキット
・カラー塗装無しで色プラとシールでカラーを表現!
・大きさ1/32手のひらサイズ!
・小さくてもリアルなフォルム!

カーモデルというと塗装したり、接着剤を使わないと作れないキットではありますが

今回の楽プラ「THE☆SNAPKIT」は、塗装もいらない

接着剤も使わないプラモデルになっています(^^♪

なので簡単に組み立てできるキット!

 

スポンサーリンク

ザ・スナップキット「ランボルギーニアヴェンタドールS」

アオシマ:ザ・スナップキット楽プラ、ランボルギーニアヴェンタドール

楽プラ:ランボルギーニアヴェンタドールS

1/32 THE☆SNAPKIT
楽プラ「ランボルギーニアヴェンタドールS」

テクニカルレベル ★★★
組み立て時間 1時間36分
組み立てはパーツをニッパーでカットして、ナイフ等でゲート処理を行って制作しています。

 

アオシマ文化教材社

THE☆SNAPKIT「楽プラ」
ランボルギーニアヴェンタドールS
価格:1800円/1980円(税込み)
特長:接着剤・塗装のいらないカーモデルキット
材質:カラーパーツ/ABS、クリアパーツ/GP(ポリスチレン)

 

今回紹介した商品はコレ!

 

 

プラモデルに必要な道具

メーカー推奨

1,ニッパー
2,ピンセット

 

私的にはカッター(デザインナイフ)などあった方がキレイに仕上がります。

 

スポンサーリンク

楽プラ「ランボルギーニアヴェンタドールS」組み立て

パッケージ内容

アオシマ:ザ・スナップキット楽プラ、ランボルギーニアヴェンタドール

楽プラ:ランボルギーニアヴェンタドールS

1/32「ランボルギーニアヴェンタドールS」

カラーはパッケージ同様のパールブルー

塗装ではなく、色プラにパールが含まれた状態になっています。

アオシマ:ザ・スナップキット楽プラ、ランボルギーニアヴェンタドール

楽プラ:ランボルギーニアヴェンタドールS

ランナーには塗装されたパーツもありました。

ホイールの部分がツヤありのブラックに塗装済み

 

アオシマ:ザ・スナップキット楽プラ、ランボルギーニアヴェンタドール

楽プラ:ランボルギーニアヴェンタドールS

内装のパーツは一部つながった状態になっています。

小さいキットではありますが、細かくできています。

アオシマ:ザ・スナップキット楽プラ、ランボルギーニアヴェンタドール

楽プラ:ランボルギーニアヴェンタドールS

クリアパーツもゆがみも無くキレイに仕上がっていました(^^♪

 

全てのパーツ

アオシマ:ザ・スナップキット楽プラ、ランボルギーニアヴェンタドール

楽プラ:ランボルギーニアヴェンタドールS

ここまでの組み立て1時間18分かかりました(^^♪

チョット遊ぶにはいい感じの組み立てです。

というか、気が付いたら時間が経っていました(^^ゞ

 

内装

アオシマ:ザ・スナップキット楽プラ、ランボルギーニアヴェンタドール

楽プラ:ランボルギーニアヴェンタドールS

内装はハンドル以外まわりのパーツはつながっていて、折りたたむ感じでパーツを合わせます。

アオシマ:ザ・スナップキット楽プラ、ランボルギーニアヴェンタドール

楽プラ:ランボルギーニアヴェンタドールS

パネルはシールで再現

 

ホイール

アオシマ:ザ・スナップキット楽プラ、ランボルギーニアヴェンタドール

楽プラ:ランボルギーニアヴェンタドールS

ホイールは2種類のパターンが選べるようになっていました。(ブラックorシルバー)

上記写真はシルバーホイールにしたものです。ホイールシールを貼った状態。

ブラックの場合はホイールシールを貼らずに中央のランボルギーニマークのシールだけ貼ります。

アオシマ:ザ・スナップキット楽プラ、ランボルギーニアヴェンタドールシール

楽プラ:ランボルギーニアヴェンタドールS

上記写真シールナンバー㉜がランボルギーニマークのシールです。
(シルバーホイールシールを使った場合は使いません。㉜)

 

シャーシ

今回のランボルギーニは車体幅が広くタイヤをつなげる棒パーツ(シャフト)が細くグネグネした感じ。

アオシマ:ザ・スナップキット楽プラ、ランボルギーニアヴェンタドール

楽プラ:ランボルギーニアヴェンタドールS

組み立て前に危ないな~と思っていましたが(^^ゞ

やっぱり、やってしまいました・・・(T_T)

折れた原因は棒パーツのバリが出ていて、
ホイール接続穴より大きくなっていたのかなと思います。

なので、差し込みがキツク「ポキッ」と・・・

このままでは作れないので、プラ棒を使い直しました。(タミヤ:丸型2mm)

直し方
・元の棒パーツの長さと同じにカット
・両先端を1.75mmぐらいまで細くします。
・削り方はリューターにプラ棒を差し込みナイフ等であてて削ります。(両方)
(この方がキレイに丸く削れます)

 

アオシマ:ザ・スナップキット楽プラ、ランボルギーニアヴェンタドール

楽プラ:ランボルギーニアヴェンタドールS

こんな感じです!

ちなみに前後の棒パーツ(シャフト)には長さに違いがありました。

フロントは短い方のパーツ、リアは長い方のパーツ、1mmくらいの違いです。

 

アオシマ:ランボルギーニアヴェンタドール完成!

アオシマ:ザ・スナップキット楽プラ、ランボルギーニアヴェンタドール

楽プラ:ランボルギーニアヴェンタドールS

大きさ:全長15cm/幅7cm

手のひらサイズのカーモデル!

 

アオシマ:ザ・スナップキット楽プラ、ランボルギーニアヴェンタドール

楽プラ:ランボルギーニアヴェンタドールS

タイヤも軸で組み立てられているのでコロコロできます(^^♪

アオシマ:ザ・スナップキット楽プラ、ランボルギーニアヴェンタドール

楽プラ:ランボルギーニアヴェンタドールS

フロントパーツからサイド、そしてリアバンパー

かなり再現度の高いキットになっていました。

アオシマ:ザ・スナップキット楽プラ、ランボルギーニアヴェンタドール

楽プラ:ランボルギーニアヴェンタドールS

カラー再現は、おもにシールですが各部キレイに仕上がっています。

チョットシールを貼るのが難しいかなと思いましたが、やってみると意外とキレイに貼れます(^^♪。

アオシマ:ザ・スナップキット楽プラ、ランボルギーニアヴェンタドール

楽プラ:ランボルギーニアヴェンタドールS

リアハッチはクリアパーツではなく、ブラックのパーツになっていました。

中が見えちゃうので黒なんでしょうね(^^

アオシマ:ザ・スナップキット楽プラ、ランボルギーニアヴェンタドール

楽プラ:ランボルギーニアヴェンタドールS

車高もいい感じの低さですね。

だいたいプラモデルですと高い車高になってしまいがちですが、リアルに再現されていました。

アオシマ:ザ・スナップキット楽プラ、ランボルギーニアヴェンタドール

楽プラ:ランボルギーニアヴェンタドールS

とくに見た目では残念という部分は無く、とてもいいキットです。

アオシマ:ザ・スナップキット楽プラ、ランボルギーニアヴェンタドール

楽プラ:ランボルギーニアヴェンタドールS

リアビューもパーツ分割でリアルに再現されています。

カッコいい!( *´艸`)

 

アオシマ:ザ・スナップキット楽プラ、ランボルギーニアヴェンタドール

楽プラ:ランボルギーニアヴェンタドールS

でも、この状態でちょっと車高を下げたいな~と思いがよぎる(^^ゞ

改造したい・・・という病気がでてきてしまいましたw

アオシマ:ザ・スナップキット楽プラ、ランボルギーニアヴェンタドール

楽プラ:ランボルギーニアヴェンタドールS

ノーマルの状態から車高を下げる改造は簡単です。

タイヤの棒パーツ(シャフト)を通すシャーシ側の穴を上部分0.5mm削るだけ!

アオシマ:ザ・スナップキット楽プラ、ランボルギーニアヴェンタドール

楽プラ:ランボルギーニアヴェンタドールS

上記写真の白く塗ってある部分です。

削って組み立てると車高が0.5mm下がります。

さらにもっと下げたい場合は!

シャーシ側の穴をノーマル状態から1mm削る

ですが、1mm削ってしまうと、組み立てた時にタイヤがボディーに当たってしまうので、ボディーも削らないといけません。

アオシマ:ザ・スナップキット楽プラ、ランボルギーニアヴェンタドール

楽プラ:ランボルギーニアヴェンタドールS

削る部分はフェンダーというタイヤの上にあるボディー部分(上記画像左:点線部分)

フェンダーの裏側を削りタイヤとの接触をしないようにします。

4つのタイヤ部分、すべて削ります。

これでノーマル状態から1mm車高を下げることができます。

アオシマ:ザ・スナップキット楽プラ、ランボルギーニアヴェンタドール

楽プラ:ランボルギーニアヴェンタドールS

試しに0.5mm下げたモノです。チョット分かりづらいですが(^^ゞ

タイヤとフェンダーのすき間がなくなりました。

1mm前後の調整なので慎重に行ってください(^^)/

 


 

アオシマのヴェイルサイド80スープラ、少しの加工でリアルに仕上げる
アオシマのプラモデル、ヴェイルサイドスープラのキットを制作した完成レビューを掲載しています。おもにリアル感を目的におおきな改造としては車高を落としたぐらいの加工をほどこし、ちょっとひと手間加えた完成品です。
プラモデル、車1/24アオシマ ヴェイルサイドスープラ
アオシマのカーモデル、ヴェイルサイド80スープラをより実車に近いような感じと、少し改造もして組み立てています。加工無しで組み立てる場合でも2カ所気お付けたい部分があります。
1/24アリストのカスタムパテを使ったエアロの作り方 
アオシマ:アリストのプラモデルをエポキシパテとプラ板を使って改造、エアロを作ります。必要な道具だったり、作業工程を詳しく掲載紹介しています。
ガンプラ、カーモデルなどのジオラマの作り方、簡単に作る格納庫風基地
簡単にできるジオラマを作ってみました。できるだけ100ショップのものを使ってできる格納庫みたいなジオラマです。ガンプラにもカーモデルにも使えるような感じにしました。サイズも大きめにMGガンプラも飾れるようにしています。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

1、初心者の方でも組み立て簡単!
2,塗装しなくてもキレイに組み立て!
3,小さくてもリアルなフォルム!
4,コロコロ走行できる
5,ホイールのカラーが選べる!
1,パーツ⑯、⑰のパーツが弱い感じ(棒パーツ:シャフト)

 

今回はTHE☆SNAPKIT楽プラ「1/32 ランボルギーニアヴェンタドールS」でした。

買った時は思ったより値段がするんだな・・と思ってしまいましたが、いざ作ってみるとパーツ量も多く

細部まで細かく再現されているキットでした。

初心者の方でも作れるように、簡単な組み立てパーツ構成になっていて、色分けもシールでの表現!

シールを貼るだけでカラー分けができて簡単です。

けっこう細かいシールがありますが、やってみるとシールの貼り方もムズカしくなくキレイに貼れます。

完成品も実車に近くリアルに再現されていて、とてもいいキットでした。

実は、楽プラは今回で2台目

前回はコンパクトカー(スズキ:ジムニー)を作っていました。車体幅が小さかったのであまり感じなかったですが

アヴェンタドールは車体幅が広いのでタイヤをつなげる棒パーツ(シャフト)が長い

なので、タイヤを付けるときに棒パーツが柔らかいので、負担がかかり折れてしまいました(/・ω・)/

棒パーツにバリが出ていたというのも、タイヤに入りづらい原因だと思います。

作る時は、棒パーツのバリをチェックし組み立ててください!

それ以外はキットとして、とてもいいプラモデルです。

他にもいろいろな車種が出ており、1つの車種でカラーも何色か出ているので好きなカラーを選んで楽しめます。

手のひらサイズのカッコいいカワイイカーモデル良かったら作ってみてください(^^)/

ここまで見て頂きありがとうございましたm(_ _)m

何か参考になったことや良かったことがあったなら幸いです。

プラガレージ:toshibo

➣トップページ



今回紹介した商品はコレ!

いろいろなカラーも♪

その他のカーモデル商品はコチラ⇩

楽天市場

プラモデル ザ・スナップキット 楽プラ 親子 キット 1/32 トヨタ GR スープラ アオシマ

価格:1,650円
(2022/12/12 14:26時点)
感想(0件)

プラモデル ザ・スナップキット 楽プラ 親子 キット 1/32 スズキ ハスラー 01-A 簡単プラモデル

価格:1,650円
(2022/12/12 14:27時点)
感想(0件)

プラモデル ザ・スナップキット 楽プラ 親子 キット 1/32 トヨタ 86 アオシマ

価格:1,650円
(2022/12/12 14:28時点)
感想(0件)

コメント